頭部の症例

不眠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

周りが寝ているのに、一人眠れないという

のは辛いものです。

以下、眠れない時におすすめしたいことです。

 

①寝室にスマホは置かないこと

②目に蒸しタオルを当てる

目に蒸しタオルを当てることによって

目の疲れ、頭の疲れ、肝臓の疲れを取って

くれます。

③悩みや心配で眠れない時は、ノートに

書き出してみる。

ノートに書くことで、悩みは課題に変わります。

④足の指先は覆わない

冬場など、足先が冷えるということで

靴下を履いて眠られる方がおられますが

頭のてっぺんと足の指先は放熱の急処です。

そこを覆ってしまうと体内の熱が発散出来ず

眠りが浅くなります。

体温よりも、脳内温度が1度下がった状態が

理想の睡眠状態になります。

できれば、五本指ソックスの足先を切り落とした

ものを履かれるとよいですよ。

⑤就寝前に熱いお風呂に入らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加